Q&Aよくあるご質問

名古屋のオレフィス矯正歯科によく寄せられるご質問に、Q&A形式でお答えしています。他にご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。当院のスタッフがわかりやすくご説明させていただきます。

I 矯正治療を始める前に

Q 歯並びはなぜ治したほうがいいと言われるのですか?

A
矯正歯科治療とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療の事を言います。しかし、歯科矯正の持つ本来の目的はそれだけではありません。 矯正歯科治療を行う事で得られるメリットは、下記のようなことが上げられます。
  • 人目を気にして自分の感情を出せなくなることがなくなり、自分の笑顔に自信が持てるようになる
  • きちんとした発音で声を発する事が出来る
  • 顎と咬み合わせのバランスを調整する事で、姿勢や体の機能を改善する
  • 歯の清掃性を良くし、歯の寿命を延ばす予防的な効果がある
  • 小児矯正には、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もある
  • 食べ物をしっかりと噛み砕く事で消化を良くし、胃腸の働きを助ける 

Q なぜ歯並びは悪くなるの?

A
歯並びが悪いことを 不正咬合 といいますが、その不正咬合の原因は ひとつではなく、遺伝、習癖、人種、性別など の様々なことが複雑に絡み合って、そういった状態になっています。例えば、デコボコ(叢生)は、 主に歯の大きさと顎の骨の横幅のアンバランス が原因でおこります。出っ歯(上顎前突)は、 指しゃぶりなどの悪習癖や上下の顎の骨の大きさのアンバランスが原因でおこります。受け口などもそうです。

Q 学校検診で不正咬合と指摘されたのですが、どうすればいいですか?

A
当院では、 日本矯正歯科学会認定 を取得している矯正歯科専門医がおります。一度ご相談下さい。

Q 矯正治療はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?

A
矯正歯科治療を開始するのに最適な年齢はあります。歯を移動して矯正歯科治療すること自体は何歳からでもできますが、 最適な時期ということであれば、歯並びのタイプによって個々に異なります。歯がデコボコ(八重歯)の場合はおとなになってからでも十分矯正歯科治療できますが、 上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)ような不正咬合では、顎の骨が成長している時期から矯正歯科治療しなければならないことが多いです。 治療時期の判断は矯正歯科専門医でないと分からないことが多いため、早めに相談だけでもしておくことが大切です。

Q 矯正治療は何才までできるのですか?

A
お口の中の状態によりますが、何才からでも矯正治療を行なうことが出来ます。私の経験では62歳から矯正治療を始めた方もいらっしゃいます。

Q 他の歯科医院で、永久歯が生えそろうまで待つように言われたのですが。

A
待った方がいい場合と、早めに始めた方がいい場合とあります。お口の中の状況によって変わりますので、一度ご相談にいらしてください。

Q どのくらい治療期間はかかりますか?

A
歯並びのタイプや年齢、どの様に治療するかによって異なりますので一概に言えませんが、一番頻繁(1ヵ月に1度ほど)に通院する期間は、1年半から3年位でしょう。 その後は、3ヵ月から6ヵ月、あるいは1年に、一度ほどのチェックが数回必要です。

Q 小児矯正と成人矯正の違いはなんですか?

A
子供の治療では顎の骨の成長を利用することが出来るため、より理想的な歯並びとかみ合わせを得られます。

Q 結婚式までに歯並びを直したいのですが、早く治療する方法はありませんか?

A
早く治療する方法は、残念ながらありません。歯の動く速度は一定しているので、歯並びのタイプによって期間が短くてすむ人とそうでない人がいます。

Q 40代です。小さい頃からずっと歯並びが気になっていたのですが、この歳では矯正をする必要はありませんか?(何歳くらいまで治療に来ている人がいますか)

A
お口の中の状態によりますが、何才からでも矯正治療を行なうことが出来ます。

Q 治療前に親知らずは抜かないとだめですか?

A
抜く必要がある人とそうでない人がいます。

Q 矯正治療は我慢できないくらい痛いのですか?

A
痛みはあります。歯に数十グラムから150グラム程度の力(矯正力)を加えて移動させます。その時、歯の周りの組織を圧迫しますので痛みとして感じます。 しかし、通常は我慢できる程度の物であり、2~3日くらいで慣れてしまいます。特に子供の場合はほとんど痛みを感じない場合もあります。いずれにしろ、生活に差し支えるような事はありません。

Q 装置をつけたら、虫歯になりやすくなってしまいませんか?

A
汚れがたまりやすくなりますが、きちんと歯磨きを行なうことによって、虫歯を予防することが出来ます。

Q 先に虫歯を治してから矯正したほうがいいですか?

A
むし歯の治療時期も、矯正治療計画の中で順序を決めて治療していきますので、相談してください。

Q 歯を抜かないと、矯正治療はできませんか?

A
歯を抜かなければならない場合と、抜いてはいけない場合があります。これは,患者さんの歯並びは一人ひとり全く異なりますので、その人に合った方法が必要です。 歯を抜かずに矯正歯科治療をする場合もたくさんありますので相談してください。

Q 笑うと歯ぐきが目立ってしまうのですが、矯正治療で治りますか?

A
難しいですが、可能です。アンカースクリューという矯正治療用のインプラントを併用すると上手くいくことがあります。

Q 歯を削って、かぶせて治す方法があると聞きました。矯正よりも簡単そうだし、痛くなさそうなのですが。

A
クイック矯正などと呼んでいるところもありますが、矯正治療とはまったく違った手法です。矯正歯科治療の最大の利点のひとつは、歯を削らずに歯並びとかみ合わせを整えることができることです。 ほとんどの歯科医師ができるだけ歯を削らずにすむように腐心しています。 一度削ってしまった歯を元に戻す方法は、いまのところありません。近い将来もそういった方法が開発される見込みは、ありそうにないのが現実です。

Q すでに歯がないところがあるのですが、矯正できますか?

A
よほど悪い条件でなければ、多くの人が矯正歯科治療を行うことができます。

Q 出っ歯がひどいのですが、うまく治りますか?

A
ほとんどの場合、うまく治ります。

Q セラミックの歯が入ってますが、矯正治療できますか?

A
できます。いまの歯並びに合わせてセラミックの歯を作ったと思いますから、矯正治療でキレイに並んだあとに、それに合わせてやり直した方がいい場合もあります。

Q ブリッジの歯が入ってますが、矯正治療できますか?

A
できます。いまの歯並びに合わせてブリッジを作ったと思いますから、矯正治療でキレイに並んだあとに、それに合わせてやり直した方がいい場合もあります。

Q 現在、歯周病ですが矯正治療はできますか?

A
歯周病がひどい状態であれば、先にそちらを治してから矯正治療を始めることになります。症状が安定していれば矯正治療を開始できます。

Q 顎関節症があるのですが、治りますか?

A
顎関節症と歯並びの関係は、現時点ではよくわかっていません。矯正治療によって顎関節症が改善することもあればそうでないこともあります。顎関節症の改善だけを目的とした矯正治療はおすすめしません。

Q 受け口がひどく、他の医院で手術が必要と言われましたが、手術なしで治せますか?

A
条件が揃えば、手術なしでも可能かもしれません。手術した場合としなかった場合では治療のゴールが大きく変わることが多いですから、矯正担当医と良く事前に相談をして、治療を開始した方が良いです。

Q 1本だけ歯が飛び出しています。簡単に治療する方法はありませんか?

A
1本だけ飛び出していると全体的にガタガタの歯並びの人よりも矯正治療が簡単そうに見えますが、じつは1本だけ飛び出ている人の方が難しいことも多いのです。 どのような歯並びなのかにもよりますが、多くの場合すき間が足りなくて歯が飛び出しています。そうすると、すき間を増やさなければ歯を中に入れることができません。 すき間を増やすために他の歯を動かすと上下の歯がかみ合わなくなるので、結果的にすべての歯を動かすことになります。

Q 親の歯並びが悪いので子供の将来の歯並びが心配なのですが、何か対策はありますか?

A
歯並びが悪くなる原因には虫歯で歯が欠けてしまって、おとなの歯が生えるスペースが無くなってしまうことや舌や唇の癖、指しゃぶりなどが原因の場合があります。 虫歯にならないように気をつけてあげる、ヘンな癖がつかないように指導してあげる、そういったことが重要です。

Q 相談だけでもよろしいですか?

A
もちろんです。

Q 矯正治療を受ける時期はいつ頃が良いでしょうか?

A
歯並びのタイプによって最適な時期が変わります。上の前歯がおとなの歯に変わった頃(6、7歳頃)に見せていただければ、ちょうど良い時期を逃さずにすみます。

Q 相談にいったら必ず治療を始めないといけないのですか?

A
そんなことはありません。相談だけでももちろん結構です。矯正治療の一般的な流れは、矯正相談>精密検査>治療方針・方法の説明>治療開始の承諾>治療開始となります。お気軽にご相談ください。

Q 歯を抜かずに矯正することはできますか?

A
歯の大きさと顎の骨の大きさのバランスが歯の方が大きければ、抜歯を検討しなければいけません。歯は歯槽骨という薄いの根の中にしか並べることができません。 無理矢理歯を並べても骨から飛び出してしまったりしてしまいます。

Q 乳歯の時はきちんと並んでいたのに、生えかわったらデコボコの歯並びになってしまいました。

A
乳歯の時にすき間なくキレイに並んでいると、歯並びがとてもキレイだと思いがちですが、理想的なことをいえば乳歯の時はすべての歯の間に1ミリぐらいすき間がある方が良いのです。 2歳3歳ではすき間はありませんが、4歳5歳ぐらいになると顎の横幅が大きくなってきて、歯と歯の間にすき間ができてきます。このすき間のことを発育空隙とか霊長空隙と呼んでいます。 こうしたすき間があると、大きなおとなの歯が生えてきてもきちんと収まりデコボコにはなりません。

Q もうすぐ1年生なのに指しゃぶりが治りません。

A
そろそろ指しゃぶりをやめたい時期ですね。2歳3歳であれば指しゃぶりが大きな問題を起こす心配はありませんが、6歳7歳ぐらいであれば歯並びに影響が出てくることがあります。 指しゃぶりへの治療方法、指導方法はいくつかありますので、ご相談ください。

Q いつも口を開けて寝ているのですが、大丈夫でしょうか?

A
あまりよい状態ではありません。常に口を開けていると、口の中が乾燥し歯肉が腫れてきたり、口臭がひどくなったり、歯の位置が不安定になり歯並びがズレてくることがあります。

Q おとなになってからの矯正治療は大変でしょうか?

A
いまは40代50代の方も矯正治療を行っています。子供の頃に矯正しようと思ったけれどなかなか踏み出せずに、最近生活も落ち着いてきたので始めようと思った、そんなお話を良く聞きます。 私の経験では62歳から始められた方もいらっしゃいます。

Q 金属アレルギーがあっても矯正治療できますか?

A
アレルギー反応が出にくいチタン製の装置もあります。また、金属を使用していないマウスピース型のインビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)という装置もあります。

Q 矯正治療は医療費控除の対象になりますか?

A
医療費控除の対象になりますので、領収書を保管しておいてください。税務署によっては診断書の提出を求められることがありますので、必要があればご相談ください。

Q 前歯がデコボコしていますが、前歯だけの矯正治療はできますか?

A
条件が揃えば前歯だけの矯正治療も可能です。

Q 矯正しているとホワイトニングはできないのでしょうか?

A
歯の表面に装置を接着するので、ホワイトニングをしてしまうとその部分だけホワイトニングできずに色が残ってしまいます。 また、歯並びが悪い状態でホワイトニングしても、矯正治療で歯がキレイに並んだときに薬剤が十分に行き渡っていなかった部分が表面にでてきてしまうこともあります。

Q 子供の歯並びや咬み合わせを良くするにはどんなことに注意をしたらよいですか?

A
虫歯と癖に注意してください。いずれ抜けてしまう歯だからといって子供の歯が虫歯になっても放置してしまうと、おとなの歯がズレて生えてきてしまったり、おとなの歯が生えるすき間がなくなってしまったりします。 口の癖(例えば指しゃぶりや口呼吸、など)があると正しい場所に歯がはえられずズレてしまいます。そういった癖は年齢が低い方が治しやすいですから、早めにご相談ください。

Q 歯茎が見えてしまうことがコンプレックスなのですが、治せますか?

A
難しいですが可能です。矯正歯科用アンカースクリューという小さなネジを利用して治すこともできますし、顎の骨の位置によっては、手術を併用した矯正治療を行った方が良い場合もあります。

Q 乳歯だけの時も矯正治療できますか?

A
反対咬合など乳歯だけの時期に治した方が良い場合もあります。逆に、おとなの歯がある程度生えてからの方が上手くいく場合があります。

Q 矯正をするときには、親知らずを抜かなければならないですか?

A
抜いたほうがいい人と抜かなくてもよい人がいます。親知らずを矯正治療に利用することもありますから、先に抜いてしまわずに、一度ご相談ください。

II 矯正装置の種類について

Q 最近は矯正装置の種類が沢山あると聞きました。どのようなものがありますか?

A
おとなの矯正装置の場合、主に3種類の矯正装置があります。
  1. 表側の矯正装置:いちばん一般的な矯正装置で、100近く歴史があり、テクニックも出そろっているので、無難な矯正装置です。表側に装置があるので、裏側よりも歯みがきがしやすく、発音の邪魔になりません。 歯の表側に矯正装置を接着するので、見た目があまりよくありませんが、いまは歯の色に近い白色や透明な装置も開発されていますので、昔より目立ちにくくなっています。
  2. 裏側の矯正装置:矯正装置を歯の裏側に付けるので、他の人から装置が見えることがなく、審美性に優れています。裏側の矯正装置は精密な歯の型からカスタムメイドで作られるため、精密な治療が可能です。 裏側の装置はどうしても舌が当たってしまい発音しにくかったり、食事が取りにくいと行ったデメリットがあります。また、上の歯の裏側は鏡を使っても自分では見ることのできない場所なので、歯みがきが難しく、 時間を掛けて磨く必要があります。
  3. マウスピース型矯正装置:インビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)に代表されるような透明なプラスティックシートを使用した矯正装置です。従来の矯正装置と比べて、目立ちにくい、取り外し可能、金属を使用しないという特徴があります。 金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも矯正治療をすることができます。また、取り外し可能なので、食事や歯みがきの時に取り外しておけば、邪魔になりません。

Q インプラント矯正という言葉を聞きました。どのようなものですか?

A
歯科矯正用アンカースクリューと呼ばれるもので、いままで出来なかった歯の動かし方ができる装置です。直径1.4から2ミリ、長さ6ミリから10ミリほどの細くて小さいネジを歯茎に付けます。 付けるときは麻酔をするので痛みはありません。 付けたあともほとんどの方に痛みはありません。歯を動かし終わりましたら、ネジは取ってしまい、傷跡はまったく分からない程度に治ります。

Q 装置があまり目立たないようにしたいのですが、そういう装置はありますか?

A
歯の裏側に矯正装置をつけて治療する方法があります。通常の表側の装置と比較して、複雑な金具が裏側にありますので、舌に当たって、発音しにくいとか、痛いと訴えることが多く、慣れるのに多少時間がかかりますが、必ず慣れてしまいます。 現在では、表側の矯正装置でも、セラミックやプラスチックなど歯の色とほとんど同じか透明の目立ちにくい物もあります。 インビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)という透明なプラスティックシートを使用したマウスピース型の矯正装置もあります。

Q 歯の裏側から矯正する方法があると聞きました。舌を切らないのですか?

A
最近の裏側の矯正装置は舌を切ってしまうようなことは減りました。ただ、どうしても舌が裏側の矯正装置に当たりやすいので、表側の矯正装置と比べて、口内炎になりやすかったりします。

Q インターネットで見たのですが、デーモンシステムって何ですか?

A
デーモンシステムの特徴は、少ない摩擦力と弱い力による歯の移動ができることです。パッシブセルフライゲーションという機構を採用しており、これが現在の矯正装置の中では、 もっとも摩擦力を減らすことができ、そのため効率的に歯にかけることができるため、非常に弱い力で歯を動かす事ができます。 弱い力を歯に加えるだけで、矯正治療を行うことができため、歯と周りの組織の負担を最小限にすることができます。摩擦が少なく、弱い力でも効率よく歯を動かすことができ、治療期間が短くなります。

Q 子供の矯正は取り外し可能ですか?

A
取り外し可能な装置も使いますし、接着剤で付ける外せない装置も使います。歯並びのタイプは人によって違って同じ人はいませんので、同じ年齢や似たような状態に見えても違う装置を使うことがあります。 装置の種類はある程度ご希望に添うことができますから、相談してください。

III 矯正治療中の心配

Q 矯正治療中、喋りにくかったり食事ができなかったりしませんか?

A
喋りにくかったり、食事しにくかったりしますが、すぐに慣れてきます。

Q ずっとバスケットボールをしています。矯正治療中もスポーツは続けてもよいですか?

A
ほとんど問題ありません。私も大学生の時に矯正治療をしながらバスケットボールをしていました。ただ、バスケットは接触の多いスポーツなので、他の選手と接触したり、 ボールが顔に当たったときなどに表の装置ですとどうしても唇の内側を少し切ってしまったりすることがあります。 裏側の矯正装置やインビザライン(熱可塑性カスタムメイドマウスピース型矯正装置)などのマウスピース型の矯正装置ではそういった問題は起きないでしょう。

Q 来年か再来年に引越しが決まりそうです。治療はやめておいた方がいいですか?

A
それまでの期間で治療可能な歯並びかもしれませんし、一度相談にいかれるのが良いと思います。もしもっと治療期間が長いようであれば、引っ越し先の矯正歯科をご紹介できるかもしれません。 できるだけ早く始めたいとのことでしたら、治療途中で転医することも可能です。

Q 矯正治療中、虫歯になってしまった場合、どうしたらよいですか?

A
虫歯の治療を優先します。小さな虫歯であれば装置を付けたまま治せます。大きな虫歯になってしまった場合は、一時的に装置を外して、虫歯の治療を行います。矯正治療と並行して定期健診に通っていただければ、 虫歯予防の指導(歯みがき方法など)もできますし、仮に虫歯になってしまったとしても、初期の小さい虫歯の頃に対処できます。

Q 矯正をすると歯周病になってしまうと聞いたのですが、本当ですか?

A
そういった心配はありません。歯周病の方でも矯正治療をして、歯周病が悪化しにくいような口の中の環境にすることもあります。

Q 矯正治療中には、かなり痛みがあると聞いたのですが耐えられますか?

A
ほとんどの人がそこまでの痛みを感じていないようです。痛みで治療を継続できなかった方は900人ほどの中で2人です。

Q 子供が小さいため小児矯正のための装置をうまく使えるか心配です。

A
子供はすぐに上手に使えるようになりますが、親の協力がなければそれも不可能なことです。

Q 口の中が傷だらけになってしまわないか心配なのですが、大丈夫ですか?

A
日常生活で傷だらけになる事はまずありません。接触の多いスポーツ、例えば格闘技やバスケットボールなど、顔に何かがぶつかると唇が挟まれて、唇の内側を切ってしまうことがあります。

Q 通院間隔と通院期間はどのくらいですか?

A
矯正治療で歯をどんどん動かしているときは1から2ヶ月に1回の通院間隔です。歯を動かし終わり、歯の安定を待っている保定期間は、4から6ヶ月に1回の通院間隔です。治療期間は歯並びのタイプで大きく異なり、 また子供の矯正治療など成長発育を利用する場合でも変わってきます。一般的な成人の矯正治療で1年6ヶ月から3年程度です。小児期の矯正治療が2から3年程度です。

Q 矯正治療中も歯を磨けますか?

A
磨けますのでしっかり磨いてください。装置がつくとどうしても汚れが溜まりやすく、歯ブラシの毛先が歯の表面に上手く当てられないので、歯みがきが難しくなります。 どのような方法で磨けば良いか、お教えしますのでご家庭でも実践されて、 治療期間中に虫歯を作らないようにしましょう。せっかく矯正治療でキレイな歯並びになっても、虫歯でボロボロでは悲しいですから。

Q 子供が嫌がる場合はどうしたらよいですか?

A
矯正治療はご本人の協力が必要です。治療期間も数年かかりますし、毎日の歯の手入れも必要です。ご本人のやる気がある程度ないと良い結果を得ることが難しくなります。 矯正治療自体は何歳でも可能ですので、どうしても嫌であれば、無理にいま始める必要はないでしょう。

Q 受験生の矯正はどうしたらいいですか?

A
受験生の患者さんもたくさん通っていますので、特別心配はいりません。ただ、矯正装置があると多少日常生活で煩わしさがあるので、神経質な性格であれば時期をずらすなどした方が良いかもしれません。

Q 治療中、結婚式や成人式などで一時的に装置を外すことはできますか?

A
外すことはできます。ただ。矯正装置は外すときに壊れてしまう構造で再使用が出来ません。ですから別途費用が必要になる場合がほとんどです。

Q 子供を作る予定があるのですが、妊娠中でも矯正治療できますか?

A
妊娠中でも矯正治療はできます。レントゲンや歯を抜くなどはほとんど問題ありませんが、妊娠中は体調が不安定なこともありますので、できれば避けた方が良いでしょう。 妊娠の予定がある場合はあらかじめ矯正担当医に相談しておいた方が良いでしょう。 つわりがひどい方は磨きがつらくて出来ないといったこともあるようです。その場合矯正装置がついていると、虫歯のリスクが高くなってしまうので、一時的に装置を外すなどの対応が必要かもしれません。

IV 矯正治療後の心配

Q 矯正治療後も定期健診に通わなければいけませんか?

A
矯正治療が終わったあとも、その状態をしっかりと長く残すためにも定期健診に通ってください。

Q 治療後にまた歯並びが悪くなってしまわないかどうか心配なのですが…。

A
歯を動かし終わったあと、きちんと保定装置を使用していただければ、大きく戻ってしまうことはありませんので、心配なさらなくても大丈夫です。

Q 矯正治療後、数年経ったとき、また歯並びが戻ってしまったら治してもらえますか?

A
いつでもご相談ください。

Q 保定装置って何ですか?

A
歯を動かしたあとに使用する装置で、歯を正しい位置に安定させるために使用します。

Q 保定装置はいつまでつけていればいいのですか?

A
通常12か月から24か月です。

Q 矯正治療をしても後戻りがあると聞いたのですが。

A
最低でも2年以上の保定期間中に保定装置をきちんと使わないと、後戻りすることがあります。

V 医院の選び方

Q どんな先生が治療してくれますか?

A
日本矯正歯科学会認定医を持っている矯正専門医が矯正治療を担当します。

Q 相談に行った医院によって言うことが違うのですが、どうしたらいいですか?

A
矯正担当医によって得意な治療方法が多少異なりますので、複数の治療方針が考えられるような場合、意見が異なることも有りえます。

Q いくつか比べてから医院を決めたいのですが、検査だけでもしてもらえますか?

A
検査だけでも大丈夫です。

Q 不正咬合を放っておくと、どのようになりますか?

A
食べものをよく噛むことや正しい発音が出来なくなったりすることがあります。また、肩こりや頭痛、顎関節症の原因の一つになることがあります。 その他に歯磨きがしにくいので、虫歯や歯肉炎・歯周病になりやすくなることがあります。

Q どうして矯正治療は必要なのでしょうか。

A
見た目が美しくなることによる審美的改善はもちろんのこと、正しい咬みあわせになることで、食べものをよく咬むことができ、消化器官の働きをよくします。 歯並びが良くなることで歯が磨きやすくなり、その結果、歯の寿命を延ばすという予防的な効果もあります。

Q 何歳頃に相談するとよいでしょうか?

A
症状によって、矯正治療の開始時期が異なりますので、気づいた時点で矯正専門医にご相談ください。

Q 治療期間はどれくらいかかりますか?

A
咬みあわせ・歯並び・年齢などによって異なります。診断の結果、おおよその治療期間についてお話しします。通常、2年くらいですが、 その後約1年間ほど"後戻り"しないように保定する期間が必要です。お子様の場合、成長発育に合わせて、第1段階・第2段階と分けて矯正治療を行います。

Q おとなでも矯正治療はできますか?

A
矯正治療に年齢制限はありません。

Q 痛くないでしょうか?

A
痛い事はあります。歯に数十グラムから150グラム程度の力(矯正力)を加えて移動させます。その時、歯の周りの組織を圧迫しますので痛みとして感じます。 しかし、通常は我慢できる程度の物であり、2~3日くらいで慣れてしまいます。特に子供の場合はほとんど痛みを感じない場合もあります。いずれにしろ、生活に差し支えるような事はありません。

Q 鼻の病気や喉の病気は、歯並び・咬み合わせに関係ありますか?

A
鼻が悪く、口で息をすることが習慣になっている方は、口の周りの筋肉が弱かったり、歯肉炎の原因になったりします。筋肉のバランスが悪いことで不正咬合になりやすくなります。 また、矯正治療中にもこの習慣が改善されない場合は、治療期間が長引く原因の一つにもなりますので、耳鼻科の受診をおすすめします。

Q 指しゃぶりなども関係ありますか?

A
このような悪い癖が4、5歳までに止められないと、歯並びを悪くする原因になります。例えば、出っ歯になったり、上下の歯が咬み合わなくなったりすることがあります。

Q 歯並びは遺伝するのでしょうか?

A
遺伝するものと、そうでないものがあります。遺伝性の不正咬合でも、早期治療により改善が期待できる場合があります。

Q 永久歯を抜歯することはありますか?

A
精密検査の結果、抜歯をした方がより良い咬み合わせを獲得できると診断された場合は、永久歯の抜歯が必要になることがあります。

CONTACT ご予約・お問い合わせ

[診察時間] 月木金11:00~19:00 土10:00~17:00 日10:00~14:00 [休診日]火曜日・水曜日、土日は月に1回休診日あり
※完全予約制ですので、ご来院前に必ずご予約ください。

ACCESS アクセス情報

住所
〒460-0003
名古屋市中区錦2丁目19-21広小路TNビル 8F

アクセス
名古屋市営地下鉄東山線
伏見駅 3番出口 徒歩5分
栄駅 1番出口 徒歩6分

詳しいアクセスはこちら
TOPへ戻る